彼の年俸マイナス

結婚して7階層まぶた。
保育園児2呼称抱えて、とうとう生計が大ピンチ。。。

生成仕事の夫のサロンは、もろに経済による。
結婚してから、何度も経営母体が入れ代わり、社名変遷も1都度や2都度ではない。
ただし、600呼称もいらっしゃる大きな仕事場だが、なんとか潰れずに頑張ってくれている。
それだけで有り難いことだが、コチラ2ヶ月、また不景気のはやりがやってきた。
夫のサロンは基本給が安く設定されていて、今まで残業お代で稼いでいた感じだった。
基本給は安いとはいえ、残業お代をきちんと払ってもらえる、よい会社ではあった。
17局面定時な業者を、毎日2タームくらい残業し、午前様なんてことも随時あった。
残業お代があるからこそ、ライフスタイルできていた感じです。

ただし、2ヶ月前の箇所。
不景気の結果残業禁忌命令が出てしまった。
今まで19局面すぎに帰宅していた夫が17時半には家に帰って生じる毎日。
月額は大卒初任給と統一。あるいは、それより下になった。
住まいのローンもあるし、保育チャージ、月々の光熱費等、生計に頭を悩ませている。
一応私もパートをしているが、授業でパートをしている為に、夏休みは職をリストラ変わる。
そう、今月は営業です。
生計は私のベネフィットなので、夫は生計がピンチなのを大して気にせず、胃腸が立つ。
今月はやばいどころか、とうとうストックにまで手を出してしまったのに・・・
定時で戻る夫に腹が立って腹が立って仕方ない。
もう金額に余裕がないと、毎日イライラ。
お子さんにも優しくできなくて、自身嫌悪。
かといって、夫に「倍ワークしてくれ」は願いづらい。
俺が晩も動くしかないか・・・
自らそこまで切羽詰まっておる。

残業禁忌命令、早く解けないかな。
あるいは、抽選もどんと当たらないかな。datsumousalon-real-review.xyz/