貯蓄通帳のゼロの数

俺が小学生の低学年の時の課題です。
由縁を思い起こすことは出来ないが、兄が奥さんと小学生の卒業までに10000円を貯金できるか否かの勝負を行うこととなった。負けたほうが勝った人物に500円を支払うという内容です。面白いことになったと思った。兄は気分屋で、秩序立てた行為などこなせる筈も無い。勝負は当然奥さんの繁栄だと。
両者は微笑みながら誓約書を吐出し、パパの包み金庫にそれは仕舞われた。そしたら半年後、結果は言うまでもない。
奥さんが兄に500円付票を請求したことは無かったというが。

昔の務めはほとんどが形成罹ることが無いだろう。
私も同じように考えていて、経験に励んでいた年代があった。ところが、その結果は…。

今にして思えばさして絶対とも思えない実施に貴重なお金が費やされていたという。向上期に必要な一種の経路マナーだとも呼べるが、釈明する理由としては技術が弱い。
多くはない我が家の財力ではあったが、父母はでも二人の三男に見て取れる年頃までは自由に助かる現金を与えてくれた。
その探究を考えずに、手元の、売り物の残らないやり方で散在(大したおでこではないものの)したのは、自分両者がお金に甘かったからではないのか。
兄も二人のちびっこの父親となった。その探究は身に染みて掛かるだろう。私も薄い給料包みを家事に渡し、日々を送っている。http://www.beautifulstory.sakura.ne.jp/ems%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3/%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F.html